模倣品対策

Body Make Seat Styleの模倣品について

2016年9月、弊社は製品本体の形状が非常によく似た「Body Make Seat Style」の模倣品を発見しました。
この模倣品は、製品本体の形状だけでなく、パッケージや取扱説明書の全てにおいて精巧にコピーされており、正規品と非常に見分けがつきにくい悪質なもの(デッドコピー)です。

一方、この模倣品はシートに貼った生地が剥がれかけているものやシートの縫い目のラインが不揃いである等、正規品とは異なった仕様、品質の製品であることが判明いたしました。

また、当社の独自調査の結果、当社は模倣品を製造している拠点を発見しました。そこでは、安全・衛生等の面を全く配慮がなされていないような状態で模倣品が製造、保管されておりました(下記写真ご参照)。当社といたしましては、このような模倣品は検針等の製品検査も成されておらず、お客様に被害が発生する可能性があるのではないかと危惧しております。

このような模倣品の取扱いを行う悪質な業者に対しては、民事訴訟および刑事告訴を含め、毅然として法的対応を進めますが、お客様におかれましても、被害防止の観点から正規販売店でのご購入をおすすめします。

Styleの正規品と模倣品の違いについて

模倣品製造拠点の写真

よくあるご質問・お問い合わせ

模倣品対策に関するお問い合わせは、よくあるご質問をご確認のうえ、
下記メールフォームからお願いします。