MTG News

2018/08
お知らせリリース
「SIXPAD STATION」のグローバル展開と構想を発表
中国展開のパートナー 太陽昇(タイヨウショウ)
郭鴻旭(カク コウキョク)総裁との調印式を実施
株式会社MTG(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:松下剛)は、 身に着けるトレーニング・ギア『SIXPAD(シックスパッド)』ブランドより、新業態となる近未来型EMS *1トレーニング・ジム 「SIXPAD STATION 代官山」を2018年7月26日(木)にグランドオープンいたしました。
*1:Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激
このグランドオープンを記念し、8月27日(月)に「SIXPAD STATION PREMIUM RECEPTION」を開催。当日は、弊社代表の松下(以下、松下)より、成長戦略を発表しました。また、「SIXPAD STATION」の中国展開を進めるパートナー 太陽昇(タイヨウショウ) 総裁 郭鴻旭(カク コウキョク)様をお迎えし、中国での展開にむけて調印式を執り行いました。
■『SIXPAD STATION』のグローバル展開の構想について発表
代表の松下からは、ブランド開発カンパニーとしてMTGが進めてきたこと、そして『SIXPAD』の新たな展開「SIXPAD STATION」が目指すグローバル構想について発表しました。「EMSのトレーニングジムは、ヨーロッパのマーケットでは、既に数千店舗にも広がっており、EMSの可能性は、今後はウェルネスケアの分野にも発展することが予想されています。 EMSの正しい理論のさらなる追求や、効果を実証するエビデンスの強化にも注力をしていることから、 「SIXPAD STATION」がグローバルに展開できることを確信しています。この代官山を1号店とし、国内でも多店舗展開を進めつつ、まずはアジア、そして世界へと広げていく。」と語りました。
■中国展開を進める強力なパートナー・太陽昇 郭鴻旭総裁との調印式
中国展開のパートナーとなる太陽昇様は、総裁の郭様が創業した医薬品の製造販売、ならびに医療機器の輸入販売を行い、中国全土で6万5千の医療機関をカバーする医療関連企業です。今回、パートナー契約の締結に当たり、「MTGの美容と健康を理解する経営方針と技術力に共感しており、『SIXPAD STATION』を将来的に中国で3,000店舗を展開したい。中国の14億人の国民のみなさんが、より良いサービスを体感できるように注力し、この事業が中国でも大成功できるようにしたい」と語られました。
○太陽昇医薬グループ・・・資本金:16億2700万円 / 従業員数:2,063人 / グループ売上:6,118億円
※1元=16.27円にて算出(2018年8月27日時点)
■「SIXPAD STATION」概要
『SIXPAD』ブランド初の会員制サービスとなる、近未来型EMS*1トレーニング・ジムです。"ただ鍛えるだけではない。全身を同時に、美しく、鍛える。"EMS機器に革命をもたらした『SIXPAD』を原点に、先進的なテクノロジーを融合し、まったく新しい、わずか15分のトレーニングシステムを実現しました。
(*1:Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激)
 デジタルトレーニングミラーを通して自身のトレーニングフォームと意識すべき筋肉を確認しながら、EMSと動作を融合させたトレーニングプログラムを行います。 これにより、各個人にあった効率的な全身のトレーニングが可能となりました。15分のトレーニングの後にはZENROOMへ。 トレーニング後に必要なのは、心身をリセットする15分。身体を鍛えるだけではなく、身体と心のバランスから健康へ導きます。 「調身(ちょうしん)」「調息(ちょうそく)」「調心(ちょうしん)」という3つの施しから、あなたの身体と心を見つめていきます。
■身に着けるトレーニング・ギア『SIXPAD』について
『SIXPAD』は、家庭用EMS(Electrical Muscle Stimulation=筋電気刺激)トレーニング・ギアです。世界的な運動医科学の権威、京都大学名誉教授 森谷敏夫氏のEMS理論、MTGが開発した独自波形、クリスティアーノ・ロナウド選手のトレーニングメソッド、 この三者のシナジーより生み出された"CMM Pulse"をコアテクノロジーとして誕生しました。
2017年4月にはIoT化した新シリーズを発売し、スマートフォンのアプリと連動することで操作性の向上・トレーニングの可視化を実現。
今まで以上に「続けたくなるトレーニング・ギア」として進化しました。
『SIXPAD』ブランドサイト:www.sixpad.jp
【本件へのお問い合わせ先】
株式会社MTG 経営企画室SR戦略課
E-MAIL:pr_corporate@mtg.gr.jp