MTG News

2016/09
研究発表
第18回 日本感性工学会大会にて
「ウェアラブル小型電気刺激装置による
    筋疲労特性と筋肥大効果の検討」を発表
株式会社MTGは、2016年9月9日から11日に日本女子大学にて行われた、第18回日本感性工学会大会にて「ウェアラブル小型電気刺激装置による筋疲労特性と筋肥大効果の検討」を発表いたしましたことをご報告いたします。

[発表のサマリー]
筋電気刺激装置の多くは、本体・操作部・電極が独立していることや、電源供給の必要性から装置と運動者を多くのケーブルでつなぐものになる。電源供給を電池等で賄い“小型化”かつ“ウェアラブル化”された筋電気刺激装置であれば、運動者の拘束をなくすことができ、利便性を高めることができると考えられるが、刺激強度の低下に伴い誘発される筋出力の低下が懸念される。そこで、“小型化”かつ“ウェアラブル化”された筋電気刺激装置を使用し、「生理学的に筋疲労が誘発されるのか」、さらに、「継続的な使用により筋肥大効果が起こり得るのか」を検討した。
 
検討の結果、ウェアラブル小型電気刺激装置の使用は、随意運動よりも疲労が亢進し、また、筋肥大効果の検証結果より、腹部の筋肉量(面積)の増加を確認。継続的な電気刺激のトレーニングを行うことで、筋線維の断面積が大きくなり、筋肥大が起こったと考えられる。これらのことから、ウェアラブル小型電気刺激装置は、筋肉トレーニングにおいて有効な手段である可能性が示唆された。

内容はこちら→ ウェアラブル小型電気刺激装置で、「生理学的な筋疲労」と「筋肥大」に有効的であることを発表[PDF:399KB]

今後も、革新的かつ皆様に安心してご使用いただける研究開発活動を推進してまいります。

[本件へのお問い合わせは]
株式会社MTG
〒453-0041 愛知県名古屋市中村区本陣通4丁目13番 MTG第2HIKARIビル
URL:www.sixpad.jp
担当:SIXPAD PJ課 プロモーションG 熊崎・清水
E-mail:sixpadpr@mtg.gr.jp
TEL:052-481-1269 FAX:052-481-5101