前向きな発想で
困難をチャンスに変え
新しい技術を学び続ける
ソフトウエア開発者
開発 S.T 新卒 2018年入社

求めていたのは、プログラミング技術を活かせる仕事。
「私」という人間を理解しようとしてくれるMTGの姿勢に「人を大切にする」社風を実感しました。

私は就職活動をする際、小学校の頃から学び続けていたプログラミング技術を活かせる仕事を探していました。中国の大学で日本語を専攻していたこともあり、中国と日本、2つの国の企業を検討。MTGについては、商品を知っている程度で、社名と結びついてはいませんでしたが「あの製品を作った会社なんだ」ということで興味を持ちました。人事のみなさんと交流していく中で強く印象に残っているのは、「私」という個人を大切にしてくれる姿勢です。選考中に、何度も私のことを知ろうと社員の方がコミュニケーションをとってくれ、「人」を大切にするというMTGの社風を実感しました。「自分のプログラミング技術をここで活かしたい」と思えたことが入社の決め手になりました。

MTGにとっての新しい試みであるタブレット開発。
初めて尽くしの開発は、試行錯誤の連続でした。

MTGはファブレスメーカーですが、ソフトウエアについては社内で開発をしています。工数の問題で外部のパートナー企業へ依頼することもあるんですが、目的や内容、品質、コスト、納期などを踏まえて、社内で開発するか、パートナー企業へ依頼するかどうかを決めています。

現在入社3年目。今までで手掛けた仕事で最もやりがいを感じたのは、新ブランド『NEWPEACE』のスマホアプリと専用タブレットの開発です。2020年1月にリリースしたAIモーションマットレス『NEWPEACE』は、AIの技術で睡眠中の体温や眠りのリズムに合わせてマットレスの温度や傾きが変化していくというもの。入社してからずっと『SIXPAD』のアプリを手掛けてきましたが、『NEWPEACE』は新ブランドのため0からのスタートでした。しかも、アプリだけでなく専用タブレットも開発するというMTGにとっては画期的な試みでもあったのです。リリースする約1年前から取り組み、試行錯誤しながら進めていきました。

同時に『NEWPEACE』の睡眠データ分析用のAI開発も担当。スマホアプリとタブレット開発については上長の勧めで担当になったのですが、AIの開発については自分から積極的に引き受けました。『NEWPEACE』は一人ひとりの睡眠データを蓄積し、その人に合った動きをしてくれるマットレスなんですが、その開発段階で膨大な睡眠データを分析する必要がありました。その分析に不可欠だったのがAIです。タブレットとAIの開発を一手に担うことで、相乗効果を発揮できるはず。また、学生時代にAIを学んでいたので、その技術を社会貢献に活かしたいという気持ちも大きかったですね。

初めて遭遇する問題やトラブルこそ、知識を得るチャンス。
解決することが「楽しく」もあり、成長のきっかけにもなる。

ソフトウエアは日々進化していくので、常に新しい知識を吸収し続けていかなければなりません。そういう意味では、今回任されたスマホアプリと専用タブレットの開発では多くの知識を得られましたし、知識がより深くなったと感じています。具体的には、アンドロイドシステムのソースやUSB、Bluetoothなど通信やIoTについての知識を得られたことが自分自身にとっては大きいと思っています。

技術開発において、問題は起きるもの。トライ&エラーの連続です。タブレットを開発している時、アプリ開発では見られなかったようなエラーに初めて遭遇したのですが、それを解決していくのが楽しくて仕方ありませんでした。エラーが起こった場所・理由を特定するためにソースを見直し、原因を突き止めて対応するという一連の作業自体が学びであり、新しい知識を得られるチャンスなのです。だからこそ、問題を解決していくのが心から楽しくもあり、また同時に「技術を開発している」と実感できる瞬間でもありますね。実は以前、専用タブレットのソフトウエアの開発納期直前に最終確認でエラーが出てしまったんですが、先輩と共にプログラムのバグを見つけて修正し、間に合った時には達成感やホッとした気持ちになりました。無事にリリースされ、スマホアプリのコメント欄でお客様の喜びの声を見た時にはうれしかったですね。
『NEWPEACE』の後は、自宅にいながらいつでもオンラインで筋肉トレーニングや有酸素運動を楽しめる『SIXPAD HOME GYM』の専用タブレットの開発を担当、ここでは発生したエラーやバグなどの難題を解消する役割でした。難題=先が見えない作業だと思われがちですが、技術をより深く掘り下げ、新しく得た知識で解決していくのは楽しいですね。自分の知識を使って、新しいものが生まれる。それによって快適に暮らせる人たちが増えていく。それがソフトウエア開発者としての大きなやりがいです。

自分の技術を活かして、よりよい世の中へ。
MTGだからこそできる社会貢献を。

中国のことわざに「才能持つ者には、大きな責任が伴う」というものがあります。私はこのことわざに強く共感しており、これは自分自身の才能や技術を活かし世の中に貢献していくことだと思っています。MTG入社時の決意表明でも、私はこのことわざを発表しましたが、その時の気持ちは今でも変わっていません。今後も自分自身の才能や技術を活かし、一人でも多くの人に愛されるブランドを創っていきたいと思っています。

私が専門とするIoTはこれからどんどん普及していく領域です。今回『NEWPEACE』のタブレット開発を通して、IoTについての知識を深めることができたように、今後も新しい技術を勉強して、世の中の人たちの暮らしに役立つソフトウエアやアプリを開発していきたいです。

最後に、就活生のみなさんにも「自分が一番したいことは何か、本当にそれをしたいのか」と自問自答して考えを導いてほしいと思います。