MTG News

2019/04
研究発表
近未来型EMSトレーニング・ジム「SIXPAD STATION」に関連する研究成果が
『Frontiers in Physiology』に掲載
株式会社MTG(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:松下剛、以下:MTG)は、中京大学国際教養学部 渡邊航平准教授らと共同で行った、随意運動と骨格筋電気刺激を組み合わせた、運動時における代謝動態を含む生体負荷に関する研究内容が、生理学界において国際的に権威あるジャーナル『Frontiers in Physiology』に掲載されましたことをご報告致します。

[論文のタイトル]
Effect of the Combination of Whole-Body Neuromuscular Electrical Stimulation and Voluntary Exercise on Metabolic Responses in Human
論文のサマリー
・目的
本研究では、随意運動、骨格筋電気刺激、および随意運動と骨格筋電気刺激を組み合わせた運動時における代謝動態を含む生体負荷を定量的に評価した。

・内容
被験者は13名の男性が参加し、自重負荷を用いた随意運動(V)、全身に対する骨格筋電気刺激(E)、および随意運動と骨格筋電気刺激を組み合わせ運動(VE)を行わせた際に、運動中の呼吸代謝、運動前後の血中乳酸値、最大筋力を計測し、3つの条件で比較した。骨格筋電気刺激は、ウエアタイプの全身骨格筋電気刺激装置を使用した。
約15分間の電気刺激を実施し、随意運動も指定された約15分間の運動プログラムを実施した。

・結果
運動前後の最大筋力は、すべての運動後に値が低下した。自重負荷を用いた随意運動前後の血中乳酸は、試行前1.2±0.2mmol/lから試行後4.6±1.8mmol/lとなったのに対し、電気刺激のみ1.2±0.2mmol/lから3.8±1.4mmol/l、電気刺激+随意運動の両方で1.2±0.3mmol/lから7.5±2.7mmol/lに有意に増加した。
呼気ガス測定から算出された運動強度は、随意運動で4.3Metsとなったのに対し、電気刺激のみで2.9Mets、電気刺激+随意運動の組み合わせで5.3Metsとなった。

<結果の一例>
・考察
5.3Mets程度の低強度の運動にも関わらず、7.5mmol/lもの血中乳酸が今回の骨格筋電気刺激と随意運動との併用の運動プログラムで生じた。この結果は、インターバルトレーニング(80-90%max≒8~10メッツを用いる)で得られるような効果(Faude et al., Sports Medicine 2009)が、5.3Mets程度の低強度の運動でも再現できる可能性があることを示唆している。

※論文全体はこちら: https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphys.2019.00291/full
著者
Kohei Watanabe1*, Takahiro Yoshida1, Tomoki Ishikawa1, Shuhei Kawade2 and Toshio Moritani3,4
1 Laboratory of Neuromuscular Biomechanics, School of International Liberal Studies, Chukyo University, Nagoya, Japan,
2 MTG Co., Ltd., Nagoya, Japan, 3 School of Social Science Health and Sport Sciences, Chukyo University, Toyota, Japan,
4 Faculty of Sociology, Kyoto Sangyo University, Kyoto, Japan

*渡邊 航平 准教授(中京大学 国際教養学部)
日本体育学会、日本体力医学会、日本バイオメカニクス学会、日本運動生理学会、日本電気生理運動学会、アメリカスポーツ医学会(ACSM)、国際電気生理運動学会 所属。専門分野は運動生理学・バイオメカニクスであり、運動をしている時の身体諸機能の変化や適応について「骨格筋とそれを支配する運動神経」に焦点を当ててヒトを対象とした研究を行う。

「ブランド開発カンパニー」MTGは、自社開発のみならず、大学との産官学の共同研究や、他企業との共同開発に取り組むことで、最先端のテクノロジーと最高峰の知恵を融合させ、革新的なブランドを創出してきました。今後も、骨格筋電気刺激装置の可能性を追求することで、より美しく、より健康に生きることができる豊かな社会の実現に貢献していきます。
■「SIXPAD STATION」とは
「SIXPAD STATION」は、EMS機器に革命をもたらした『SIXPAD』を原点に、先進的な3つのテクノロジーを融合した近未来型EMSトレーニング・ジムです。全身9部位18箇所に電極が配置されたEMSフルボディスーツに身を包み、デジタルトレーニングミラーを通して自身のトレーニングフォームと意識すべき筋肉を確認しながら、EMSと動作を融合させたトレーニングプログラムを行います。専属のトレーナーがお客様一人ひとりのニーズに合わせ、コントロールタワーでレベル調整を行いますので、15分という短時間で、安全かつ効率的に全身同時のトレーニングが可能となりました。トレーニング専用スーツやタオル・ドリンクなど、トレーニングに必要なものはすべて完備しておりますので、手ぶらでのご来店が可能です。
「SIXPAD STATION」公式サイト:https://www.sixpad-station.com/

【本件に関するお問合せ先】
SIXPAD STATION事業部 プロモーショングループ 小木曽
E-mail:st_promotion@mrg.gr.jp TEL:03-5623-2650

【本件に関する報道関連のお問合せ先】
経営企画室 IR広報課 山本、山下
E-mail:pr_corporate@mtg.gr.jp