MTG News

2020/02
模倣品対策リリース
ReFaブランド特許権侵害訴訟
知財高裁 大合議判決について
株式会社MTG(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:松下剛/以下MTG)は、株式会社ファイブスター (本社:大阪府大阪市/以下ファイブスター)に対し、特許権侵害に基づき「ゲルマ ミラーボール美容ローラー シャイン(品番 DR-250C)」他、合計9製品の譲渡等の差止め、製品の廃棄、及び損害賠償金の支払いを請求しておりました。
このたび、知的財産高等裁判所(特別部)の大合議により、MTGの申立てを相当と認め、譲渡等の差止め、製品の廃棄、及び損害賠償金約4億4千万円の支払を認める判決が下されました。

左から、「ゲルマ 美容ローラー スピカ24K JDR-300」
「ゲルマ ミラーボール美容ローラーシャイン DR-250C」
「ゲルマ ミラーボール美容ローラーシャイン DR-250P」
(他、計9製品が対象)
知財高裁の大合議制度は、重要な法律上の争点を含み企業の経済活動や我が国の産業経済に重大な影響を与え得る知的財産権を巡る紛争に対して、一定の信頼性があるルール形成及び高裁レベルでの事実上の判断統一の要請に応えるべく、4つの通常部の各裁判長4人を含めた計5人の裁判官により審理及び裁判を行う制度として、平成16年(2004年)4月に導入されました。
本判決は、平成16年(2004年)の制度開始以来、14件目にあたります。

今後もMTGはブランド開発カンパニーとして、MTGが所有する知的財産権を侵害すると判断した場合、適切かつ厳正に対応していく所存です。


MTG 模倣品対策・知的財産保護: www.mtg.gr.jp/intellectual_property/
『ReFa』ブランドサイト   : www.refa.net/
【本件に関するお問合せ】
www.mtg.gr.jp/feedback/