ディスクロージャーポリシー

情報開示の基準

当社は「透明性の高い経営の実現」を目指し、積極的に情報開示を行うことを基本方針としています。株主をはじめとするステークホルダーの皆さまからの高い情報開示のニーズに応えるため、東京証券取引所が定める適時開示規則(以下「開示規則」)の遵守はもちろん、当社への信頼、および理解を高めていただくための積極的な情報開示に取り組んでまいります。

情報開示の方法

開示規則に該当する情報の開示は、適時開示情報伝達システム(以下「TDnet」)を通じて、東京証券取引所のWebサイト(以下「取引所Webサイト」)にて公開します。また、開示規則に該当しない情報についても、株主や投資家にとって必要であると思われる情報については、積極的に公開いたします。
特定の機関または個人に対して、未公表の重要情報を選択的に開示することを避け、公平かつタイムリーな情報開示に努めます。また、重要な会社情報が生じた場合は、証券取引所に対し遅滞なく報告し、併せて一般への開示を適時に行います。
当社では、情報の内容に応じて、TDnet、Webサイト、記者発表、説明会、印刷物等により、適切に情報を開示いたします。なお、情報の開示方法により、異なる表現を用いることもございます。

インサイダー取引の未然防止

開示規則に該当する会社情報がTDnetを通じて取引所Webサイトにて公開された時点で、インサイダー取引規制上の公表措置が完了することとなります。開示規則に該当する会社情報、および投資判断に影響を与えると当社が判断した重要な会社情報については、取引所Webサイトにて公開された後、すみやかに本Webサイトに当該情報を掲載いたします。

沈黙期間

当社は決算(四半期決算含む)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則と独自の情報開示基準に従い適宜公表することとしております。

第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は機関投資家、アナリスト等との個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等の情報に限り言及します。また、第三者によるいかなる予想、当社に関するコメントなどについて一切責任を負いません。

その他

本Webサイト上での当社の情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載している免責条項も合わせてご参照ください。